[ トップページ ]

Open Source Group Japan members

Open Source Group Japan

ボードメンバー

八田真行

ニューヨーク州に留学中の1998年からDebian JP Projectに参加。 パッケージの作成・管理、文書の翻訳を行う傍ら「オープンソースの定義」 日本語訳を発表。その後GNU Projectに迎えられ、gnu.orgのwebmasterとして 活動。GNU GPL/LGPL/FDLを含む各種文書の翻訳を手がける。2000年より Debian official developerとなり、Debian GNU/Linux 本体の開発に参画。 最近では「でびあんぐる」メンバとして書籍の監訳に参加。 現在、東京大学大学院に在籍中。(Web)

佐渡秀治

大学院の学生時代、研究員時代を通してオープンソース運動に関わり、 1999年に日本Linux協会を設立。2000年にVA Linux Systems Japan(株)の設立 とともに参画し、2007年8月までOSDN事業部部長およびマーケティング部 部長を勤める。2007年9月にVA Linux社からOSDN事業を分社させ、OSDN株式会社を 設立し、代表取締役社長に就任する。OSDNは、 Slashdot JapanSourceForge.JP という2つのサイトを運営していることで知られている。 (Web), (Blog)

鵜飼文敏

京都大学大学院の学生時代、KMC(京大マイコンクラブ)の有志と 386BSDをPC98アーキテクチャに移植、配布をおこない、日本の その後のBSD発展の礎を築く。その頃にLinuxのPC98アーキテクチャの 移植もてがけた。1996年にDebian JP Projectの設立、1999年から 2002年にかけてDebian JP Project会長をつとめた。現副会長。 1998年よりDebian Project official developer。 snapshot.debian.netを管理している。 1999年に日本Linux協会を設立、2001年より会長をつとめる。 2002年に特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブを設立、 2003年より副会長。IPAの平成15年度未踏ソフトウェア創造事業の プロジェクトマネージャのひとり。 日本ヒューレット・パッカード株式会社ヒューレット・パッカード研究所 主幹研究員を経て2006年からGoogle。(Web)

能城茂雄

都立高校教師をするかたわら、Debianを中心としたオープンソース活動に 加わり、2002年より奈良先端科学技術大学院大学に入学し、WIDE Projectに参画 する。Debian ProjectのOfficial Developer、日本UNIXユーザ会理事、 日本Linux協会理事の肩書きを持つ。(Web)

武藤健志

千葉大学文学部卒。1999年よりDebian Project official developer。 現Debian JP Project会長。Debianの国際化や普及、ユーザー支援に力を注いでいる。 代表著作に『Debian GNU/Linux 徹底入門』(翔泳社)。監訳書多数。株式会社 トップスタジオに在籍。Debian開発者による団体「でびあんぐる」メンバー とのコラボレーションとして、オープンソース関連の書籍の企画・出版に携っている。 (Web)

北目拓郎

Debian Project Official Developer、GNOME Project CVS commiter、 Namazuプロジェクト commiter、日本GNOMEユーザ会 幹事。 Debian Maintainerとしては、世界一忙しい男として知られている。 (Web)

後藤正徳

Debian Projectオフィシャルメンバ、Debian JP Projectメンバ、YLUG発起人。 コンピュータ全般、とりわけフリーソフトウェアとUn*xに関心を持って活動 している。(Web)

石川睦

静岡大学在学中から黎明期のLinuxに触れはじめ、fj.os.linuxに出入りして いたころに鵜飼氏によってDebianに迎えられる。 転職を繰りかえし、現在はネットビレッジ株式会社在籍。 Debian Projectあたりに出没。(Web)

野首貴嗣

1999年よりNamazu Projectに, 2000年よりDebian Projectに参加。本業の かたわらオープンソース活動に従事している。日本Linux協会理事、 フリーソフトウェアイニシアティブ理事。凸版印刷株式会社勤務。 (Web)

Oliver M. Bolzer


このサイトに関するご意見・ご要望は board opensource.jp までお願い致します.